maccoが観た・聞いた・読んだ・試したものたちを紹介するブログです。

本・映画・音楽・etc・・。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
身代わり伯爵の婚前旅行 気垢谿磴い量月
里帰り編ってことで、ジークの結婚式に出席するためアルテマリスに帰省するのですが・・・
簡単に帰れるわけもなくやっぱり事件に巻き込まれる。

が!!
シリアスな状況でも大公夫妻はラブラブの蜜月を過ごしてます(´∀`)
うーいちゃいちゃしまくるなぁ!!
リヒャルトにとっては8年前とおんなじ道を辿ってアルテマリスに入るわけだから
なかなかどうして、暗ーーい記憶が蘇ってくるのですが、そこはやっぱりミレーユが
ひっぱりあげてくれるんですね!
さすがミレーユ(・∀・)

シアランの火器やらフィデリオとウォルター伯爵の思惑やらいろいろありそうですで
続きが気になりますね。

なによりもジークの
「おかえり」
ここで終わりなのかー!ってw
はやくリディ、セシリア含めてみんなと再会するのが楽しみです。

ところでお城で会った少年は誰??
フィデリオと声を間違えたの?
それとも大公だと知ってて助けてくれたの??

あとフレッドとキリルの関係もいいですね!
あのふたり、仲良くなれる日がくるのか!?

それからエルミアーナがフェリックス連れて一緒にアルテマリス入りするのも
なにかあるのかなと勘ぐっております。
もしかして末の弟登場ある?
プレザビで名前が出てきたひとが出てくるって清家さんが言ってたのを思い出して
そんなことを考えてます。
だって名前が出てきてるけどまだ登場してないのって、シェリーおばさんかフェリックスくらいだもん。
あとは名前はないけどリゼランドの女王さまかダラステアの皇帝?

とにもかくにもはやく続きが読みたい!

| 18:57 | LIGHT NOVEL | comments(0) | trackbacks(0) |
図書館戦争
評価:
有川 浩
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 700
(2011-04-23)

1度挫折して、再び読み始めた作品。

なんで挫折したんだ!?あのとき!!
って突っ込んでやりたいくらい面白かった(´∀`)

最初の頃の郁の生意気っぷりとメディア良化法図書館法あたりの説明についていけず
なんだこんなもんかぁって投げ出したあのころ・・・

文庫版がでたからと意を決して再度チャレンジ!!
あれよあれよと最後まで読んでしまった!
その上、続きが続きをが!!!!
という感じです。

郁ちゃんの男勝りからのまさかの乙女(・∀・)
かわいいなぁもう!
突っ走るところはまだまだですが、最後にちょっと成長したかな?
司令が誘拐されたところの機転は柴崎にもほめられてたし!

そしてなにより!
最後の堂上の独白!
なによあれ!!!!
(・∀・)ニヤニヤがとまらないじゃない!!

どのキャラも愛おしいなぁ。

ところで図書館戦争をノベルにするのかラノベにするのか悩むなぁ。
とりあえず挿絵がないのでノベルかな。
| 19:35 | NOVEL | comments(0) | trackbacks(0) |
『容疑者Xの献身』
評価:
東野 圭吾
文藝春秋
¥ 660
(2008-08-05)

 
ずっと家にあったのを放置してましたが、やっと読みました。

ガリレオシリーズはテレビと短編小説で少し知識はありましたが、今回のお話はそれらとはちょっと違うなという印象です。

テレビや短編は科学的は犯罪が多かった印象ですが、今作は科学的というよりは巧妙なトリックで相手を思い込ませる手法。

なので特別に難しい言葉もなく、でも読者はしっかりと騙されてしまいます。

うっかり騙されてしまいました。


読むまでは献身という言葉にどうもピンとくるものがなかったのですが、読み終わって一息つくとその意味の深さに感嘆させられます。

なるほど、献身だ。

って。


この小説は、主役は湯川だけど主人公は石神だと感じました。


湯川と草薙の友情が何気にいいですね。
| 12:56 | NOVEL | comments(3) | trackbacks(0) |
『プラダを着た悪魔』
評価:
---
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥ 1,180
(2008-10-16)

 

今さらなんですが、この映画は本当に

好き!!!! って思います。

元気になれるし、頑張ろうって思えるし
なによりも、女子力を上げようって気になる!!!

オープニングからしてもう素敵すぎる。
働く女性たちの着替えのシーン、通勤シーン。
憧れるわぁ。真似したくなる。

街を歩くアンディの早着替えの場面なんかどきどきがとまらない!!!!

プラダ、ジミーチュウ、ドルガバetc つぎつぎ出てくるブランド名!!
あんなのに囲まれて仕事できるなんて、幸せすぎる!!
オトメの夢だ。
なにげにシュウウエムラの名前もでてきてうれしかったり。

この映画を見ると、スタバが無性に飲みたくなる。
それもあつあつの。

この映画を見ると、オシャレがしたくなる。
かわいい服を買いに行こうって思うんだ。
通勤だけだから、今日はどんな格好でもいいや。
なんてこと、思っちゃいけない!!!って気持ちになる。
だから、女子力下がってきたら必ず見るようにしてる。

最期の決別シーン。
映画的にはあの選択は良かったと思う。
ケータイを泉に投げるシーンの演出で、仕事で非情になることへの馬鹿らしさとか無意味さとか自分の道を歩む決意が伝わってきて、すごく印象に残ってる。
でも、映画じゃなかったら最初の約束どおり1年は続けてほしいなと思う。
1年後にきれいさっぱり辞めてやれ!!!

あんな上司いたらどうなんだろう。
胃がつぶれそう。

モデルになったお方の映画も見たいな。


| 11:29 | MOVIE | comments(1) | trackbacks(0) |
『身代わり伯爵の失恋』
評価:
清家 未森
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 500
(2009-07-01)

 
ミレーユ、自覚キターーーーー!!
ついに恋に気づいてしまったね。

追う側と追われる側が見事に逆転しました。
今まではミレーユを巻き込みたくなかったリヒャルトだったけど、今度からはリヒャルトに迷惑を掛けたくないミレーユの構図に。
macco的に女の子が逃げて男の子が追うほうが好みなので、これからどんどんミレーユには逃げてもらってリヒャルトには追いかけてほしいです。

Read more ...
| 21:43 | LIGHT NOVEL | comments(0) | trackbacks(0) |